積み木

不動産の住宅ローンを理想の形に変えることができます

保有する際にかかる費用

家

寝屋川で不動産を購入する場合は、購入の際にかかる税金と購入してからかかる税金があるのです。寝屋川で不動産を購入した後にかかってくる税金は主に2つあります。一つは、固定資産税になるのです。この固定資産税は、固定資産の保有に対して市町村が課税する税金になります。しかし、借地権は土地に含まれないため、課税対象外となるのです。固定資産税は、課税標準の不動産価格に対して、約1.4%の標準税率で計算されるのです。固定資産税に関しては、軽減措置として、居住目的の家屋に対しては、居住1戸につき200㎡以下の場合は、小規模住宅用地として判断されます。また、200㎡を超える場合は、一般住宅用地と判断され、それぞれ固定資産税の評価額が異なるのです。また、特例として新築住宅の場合であれば、居住目的の家屋を取得します。保有している場合は、一定期間内において様々な制度が適応されるのです。新築後3年以内であれば一般住宅として固定資産税は約2分の1となるのです。そしてもう一つの保有している不動産にかかる費用が、都市計画税になります。都市計画税は、都市計画事業または土地区画整理事業に要する費用に充てるものとなるのです。特定の区域内に所在する土地や家屋に限って市町村が課税する税金となっているのです。この都市計画税は、固定資産税と一体に課税されるので、一通の納税通知書に記載されるのです。この都市計画税も軽減措置があります。寝屋川で不動産を購入する場合はこのように不動産を保有する際にかかる税金を覚えておきましょう。また、寝屋川に限らず市町村によって都市計画税がかかる地域があるので、自分が不動産を所有する地域にどういった税金がかかるかを確かめて購入するのもよいでしょう。