積み木

不動産の住宅ローンを理想の形に変えることができます

税金について詳しく知る

間取り図

呉市で不動産を購入する際には、様々な税金がかかるので知っておきましょう。不動産の購入代の他に、税金がかかるので、知っておくことで予算などをしっかり立てることができるのです。呉市に不動産を購入する際には、印紙税や消費税、登録免許税、不動産所得税というものがかかってきます。印紙税は、住宅の売買契約書や住宅ローンの契約書などを交わす際に、契約書にかかる税金になります。契約書に記載された金額によって税額が異なるので覚えていきましょう。原則として、収入印紙を契約書に貼付して印鑑を押して納税する形になります。次に消費税ですが、呉市の不動産会社から住宅を購入したり、住宅を建築したりする場合に、その代金を課税標準として消費税がかかってきます。土地に関しては、非課税の対象ですが、建物は課税対象となるので、原則として譲渡金額の消費税がかかるのです。また、呉市の不動産会社への仲介手数料もその金額を課税対象として消費税がかかってきます。そして、登録免許税は、土地建物等に関わる登記の際に必要となる税金です。所得権にかかわる登記の場合には、その固定資産税評価額に所定の税率に対して、税額が発生するのです。抵当権の登記の場合にかかる税金は、債権額の借り入れに応じて税金が生じるのです。納税は、登記を申請する際に行います。また、建物が新築の場合は、固定資産税の評価額がないため、所定の新築建物価格認定基準表によって計算されるのです。最後に、不動産所得税は、不動産を取得したときに支払う税金です。固定資産評価額に対して原則として、約4%の金額が税額となるのです。このように呉市で不動産を所有する際には様々な費用がかかってくるので、知っておくとよいでしょう。不動産の購入の際には、いろいろな知識を身につけた上で行っていくといいです。